1月は「正月」といい、1年のはじめの月です。1月1日の初日の出は太陽の新鮮なエネルギーを私たちにあたえてくれるとされています。 正月には新しい年神を迎えます。年神は私たちに健康と幸福をもたらします。 正月には年神に米でついた餅を重ねて供え、1年間の健康と農作物の豊作を祈ります。 正月には悪魔が訪れてこないようにと、力の強い獅子に舞ってもらう行事があります。 2月3日は節分の日です。立春の前の日で、悪魔払いの豆まきの行事をします。 2月15日は雪国の秋田県では雪で小さな室を作って子どもたちが入り楽しくすごします。 3月3日は女の子たちが雛壇に雛人形を飾ります。 3月 雛壇に紙で作った雛人形を飾ってから、翌日川や海に流して病気のもとを払い流す行事をするところもあります。 4月は桜の花が咲きます。お花見をして、今年も1年中よいお天気であるようにと願います。 5月には男の子のいる家では鯉のぼりをさおの先につけて立て、元気に育つことを願います。 6月は稲の田植えをする月です。牛が田圃のしろかきをして、早乙女が苗を水田に植えていきます。
7月 6月末か7月に、神社では茅の輪を作ります。3べんくぐると、夏に病気をしないといわれます。 7月 7日には七夕の祭りをします。女の子たちは夕方の空に天の川の織姫星と彦星を眺め、習字や裁縫が上手になるようにと短冊に書いて竹さおにつるして願います。 8月 15日は「盆」の行事の日で先祖迎えの行事をします。その夜は盆踊りでにぎやかです。 8月 青森県では夏の夜にねむくならないようにと、大きな灯篭人形の「ねぶた」を元気よく引きまわします。 9月 満月の夜に、お月様に供え物をして、秋の収穫のゆたかであることを祈ります。 10月ははじめて収穫した稲を神様にお供えをします。 11月になると全国各地で、稲の豊作を喜ぶ秋祭りがおこなわれます。 11月 都会では神輿をかつぎ山車を引きまわして元気あふれる祭りをします。 12月は1年の1番おしまいの月で、家族中で家のすすはらいをして、年神を迎える用意をします。 12月 お寺では108の鐘をついて、翌年が無事であることを祈ります
当ProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。