profile

中村 征夫

(ナカムラ イクオ)

経歴

  • 1945年

    秋田県に生まれる。

  • 1963年

    秋田市立高等学校(現秋田県立秋田中央高等学校)卒業後、上京する。
    独学で写真を学ぶ。

  • 1969年

    水中写真撮影プロダクションの水中造形センター入社。

  • 1976年

    「奥多摩湖一家6名行方不明事件」で朝日新聞社の依頼を受け湖に潜り撮影に成功、スクープとなる。10月、水中造形センターを退社し、フリーランスの写真家として活動を始める。

  • 1977年

    写真集「さんごしょうのうみ」(世界文化社)刊行。

  • 1978年

    報知新聞の紙面にて「北極人の詩」が連載。

  • 1982年

    初個展「WAVE インド洋・波間にあそぶ女」(富士フォトサロン 東京)開催。

  • 1983年

    別冊DIVER『中村征夫フォトストーリー 時を忘れた島々 ーエルニド』(サイエイテイ)刊行。
    個展「elnido 海の形象」(富士フォトサロン 東京)開催。

  • 1984年

    個展「elnido 海の形象」開催(秋田キャッスルプラザ)。
    『ネックレス・アイランド』(文/椎名誠 駸々堂)刊行。

  • 1985年

    エッセイ『海も天才である』(情報センター出版局)刊行。

  • 1986年

    個展「海へ」 (東京アメリカンギャラリー)開催。

  • 1987年

    個展「海の肖像」(東京 富士フォトサロン)開催。
    『海中顔面博覧会』(情報センター出版局)刊行。
    ルポルタージュ『全・東京湾』(情報センター出版局)刊行。

  • 1988年

    『海中顔面博覧会』及びルポルタージュ『全・東京湾』により弟13回木村伊兵衛賞を受賞。
    個展「木村伊兵衛賞受賞展 海の顔」(ミノルタフォトスペース)開催。
    椎名誠との二人展「海を見にいく」(富士フォトサロン 東京)出品。
    『あやしい探検隊・海で笑う』(文・椎名誠、情報センター出版局)刊行。

  • 1989年

    個展「海の顔」(呉市立美術館 秋田県立美術館)開催。
    個展「ありがとう海の仲間たち」(池袋西武デパート ほか)開催。

  • 1990年

    『ありがとう海の仲間たち』(東海大学出版会)刊行。
    『白保 SHIRAHO 』(情報センター出版局)刊行。

  • 1991年

    個展「白保 SHIRAHO」(ペンタックスフォーラム ほか)開催。

  • 1992年

    『ガラパゴス 太古を伝える野生』(集英社)刊行。
    個展「ガラパゴス 太古を伝える野生」(富士フォトサロン 東京 大阪)開催。
    『全・東京湾』(新潮文庫)『海も天才である』(角川文庫)刊行。
    『海中顔面博覧会・沖縄』 LD(ソニー)『海中顔面博覧会 OKINAWA』 DVD(SMEビジュアルワークス)刊行。

  • 1993年

    日本テレビ報道番組「今日の出来事」で、「中村征夫の海中の世界」シリーズを担当する。
    個展「ガラパゴス−太古を伝える野生」(福岡ソラリアプラザ ほか)開催。
    『ちいさなたんけんたい? ぴっかぴかの海』(講談社) エッセイ『海族ヒト科百景』(本の雑誌社) 『珊瑚礁の誘惑』(角川文庫)を刊行。
    奥尻島で北海道南西沖地震に遭遇。

  • 1994年

    個展「白保 SHIRAHO」(池袋サンシャインシティ ほか)開催。
    個展「海中顔面博覧会」(仙台エスパル)開催。
    メルセデスベンツCM「カエルウオ編」により、新聞広告賞及び朝日広告賞受賞。
    NHKラジオドキュメンタリー『鎮魂奥尻・水中写真家中村征夫の証言』により、第9回文化庁芸術作品賞受賞。
    ビデオ『東京湾・江戸前生物の海中劇場』により通産省 '94ビデオ部門映像特別賞受賞。
    DVD、LD、VHS、『東京湾・江戸前生物の海中劇場』(パイオニアLDC)刊行。

  • 1995年

    『カムイの海』(朝日新聞社)刊行。第12回東川写真賞特別賞を受賞。
    個展「白保 SHIRAHO」(池袋サンシャインシティ ほか)開催。
    ハイビジョンソフト『カムイの海』により日本産業文化映像祭第1位を受賞。

  • 1996年

    『海のなかへ』(小学館)刊行。個展「海のなかへ」(有楽町阪急 東京)開催。
    写真集『海のなかへ』 で第28回講談社出版文化賞写真賞を受賞。
    エッセイ『僕が帰る場所』(本の雑誌社) エッセイ『アプローチ』(共著 三五館)刊行。

  • 1997年

    個展「海のなかへ」(四条河原町阪急)開催。
    第28回講談社出版文化賞写真賞受賞展「海のなかへ」(コダックフォトサロン東京)開催。
    「ネイチャーワールド 地球に生きる」(東京都写真美術館/農科近代美術館 長野)に出品。

  • 1998年

    『熱帯夜』(小学館)刊行。個展「熱帯夜」(ニコンサロン 銀座 大阪)開催。
    個展「海の中へ」(藤崎本館催事場 仙台)開催。
    個展「全・東京湾」(かずさアカデミアパーク 海ほたる 千葉)開催。
    年鑑日本の広告写真 '98優秀賞を受賞。
    エッセイ『これもおとこのじんせいだ!』(共著 本の雑誌社)刊行。

  • 1999年

    個展「熱帯夜」(池袋サンシャインシティ 三菱地所アルティアム)開催。
    個展「海の中へ」(東京ガス環境エネルギー館 鶴見)開催。
    エッセイ『春夏秋冬 いやはや隊が行く』(共著 講談社)刊行。

  • 2000年

    「沖縄珊瑚街道」(富士フォトサロン 東京  藤本本館 仙台)開催。
    『沖縄珊瑚街道』(アスペクト)『全・東京湾』(朝日文庫)刊行。

  • 2001年

    個展「海のなかへ」(博多井筒屋)開催。個展「沖縄珊瑚街道」(富士フォトサロン 札幌 大阪)開催。
    個展「インドネシア・メナドの海(デジタルカメラ写真展)」(オリンパスギャラリー)開催。
    個展「海の季節」(新宿エプサイトギャラリー)開催。
    個展「沖縄珊瑚街道・天草の海展」(熊本県立美術館分館)開催。
    『海の夜間飛行』(TBSブリタニカ)CD-ROM『海中顔面博覧会』(シンフォレスト)刊行。

  • 2002年

    個展「水の中の賢者たち」(ペンタックスフォーラム 東京 天草・如水館 熊本)開催。
    個展「海の季節」(名古屋セントラルパークギャラリー)開催。
    「環境展 生き続ける青い星 青く、美しく、荘厳なる地球へ」
    (広島県立美術館 東京富士美術館 横浜赤レンガ倉庫1号館 田辺市立美術館)
    「日中国交化30周年記念写真展 日本・中国=自然と人」(東京都写真美術館)出品。
    読売新聞水曜日夕刊に写真とコラム「自然点検海の世界」を連載。(2004年9月まで。)
    『水中の賢者たち』(集英社)エッセイ『仲よしサカナ組』(共著 三五館)刊行。
    熊本県天草沖でマリアナ海溝に向かう産卵ウナギの写真撮影に世界で初めて成功。

  • 2003年

    個展「海の季節」「水中の賢者たち」(藤崎本館 仙台)開催。
    個展「熱帯夜」(JCIIフォトサロン 東京)開催。
    個展「中村征夫水中ワールド 海へ!川へ!湖へ!」(コニカミノルタフォトプラザ 東京)
    「日本の光景」(東京都写真美術館) 出品。
    ポストカードブック『Blue Lagoon マレーの海』『DIVE!』(小学館)刊行。
    対談集『環境問題の未来? 魚が恋する海』(旬報社)刊行。

  • 2004年

    個展「海の季節」(シンガポールエプソンイメージングギャラリー epSITE)開催。
    「1枚の写真が国家を動かす DAYS JAPANの国際フォトジャーナリストたちによる写真展」(東京都美術館)出品。

  • 2005年

    「中村征夫・尾崎たまき写真展 あまくさ島のたからもの」(本渡市民センター 熊本)出品。
    個展「海へ! 川へ! 湖へ!」(角館町平福記念美術館 秋田)開催。
    「時代を切り開くまなざし 木村伊兵衛賞の30年」(川崎市市民ミュージアム)出品。
    「中村征夫/高砂淳二 E-300による水中写真二人展」(オリンパスギャラリー 東京)出品。
    個展「Dramatic Colors 創造する海 沖縄展」(プラザハウスG-AREAグローバルギャラリー 沖縄)開催。
    個展「中村征夫写真展 母なる海へ」(ミュゼふくおかカメラ館 富山)開催。
    「DSC-R1写真展 5名の作家が描く世界」(銀座ソニービル)出品。

  • 2006年

    「水中写真家競作展 命はぐくむ海」(コニカミノルタプラザ 東京)出品。
    「中村征夫・中村卓哉水中写真展」(オリンパスギャラリー 東京)出品。
    個展「海中顔面博覧会」「水中の賢者たち」(調布市文化会館たづくり)開催。
    個展「海中2万7000時間の旅 中村征夫写真展」(東京都写真美術館 秋田市立千秋美術館)開催。

  • 2007年

    秋田県文化功労者受章
    2007年度日本写真協会年度賞
    第26回土門拳賞 (写真展『海中2万7000時間の旅』東京都写真美術館・写真集『海中2万7000時間の旅』講談社)

  • 日本写真家協会、日本写真協会、日本自然科学写真協会会員。

      

展覧会、出版物のご紹介

【作品収蔵】
東京都写真美術館/川崎市市民ミュージアム/日本カメラ博物館/東京富士美術館

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。