profile

中村 吉之介

(ナカムラ キチノスケ)

経歴

  • 【写歴】
    新聞記者から後に報道カメラマンとなる。1954年頃より写真雑誌に作品を発表。1956年中部日本新聞社(現、中日)を退社。フリーフォトグラファーとなり、コマーシャル・フォト撮影に従事。その後作家活動に入り再び写真誌その他で作品を発表。主に自然風景・女性写真を得意とする。
    現在、作品制作の傍ら撮影技術指導や講演会講師として全国的に活躍中。また、1987年度、1992年度富士ネイチャーフォトコンテスト審査員、1990年度、1994年度富士フォトコンテスト審査員なども務める。

      

  • 【現職】
    (社)日本広告写真家協会
    日本写真家協会会員
    日本写真芸術学会会員
    日本写真映像専門学校写真学科顧問教授
    よみうり文化センター(大阪千里)「中村吉之介写真塾」主宰
    NHK学園茶花の里学舎(河内長野)写真教室主幹
    京都大丸フォーラム・中村吉之介フォトサロン講師

      

展覧会、出版物のご紹介

【個展】
1975年 「久美と云う女 1」<ある日・ある時>東京・京都・福岡・金沢で開催
1976年 「久美と云う女 2」<潮風に吹かれて>東京・大阪で開催
1984年 「風景・心景」<列島印象記>東京・大阪・名古屋・広島・福岡で開催
1986年 「風景・季語抄」東京・大阪で開催
1991年 「風景・四季彩感」東京・大阪・福岡・名古屋で開催
1991年 「れい子抄」 大阪・福岡で開催
1993年 「四季彩感?・いろ」東京・大阪・福岡・名古屋で開催
1993年 「風景から風景へ」 大阪で開催
1994年 「四季・いろ、色」 奈良市写真美術館企画展として開催
1994年 「四季彩感?」大阪狭山市立文化会館開館記念イベントとして
1996年 「四季彩感?・彩華抄」東京・大阪・福岡・名古屋で開催

【招待展】
1989年 世界デザイン博(名古屋)「世界大写真展」招待出品。
1990年 花博写真美術館・「現代日本の風景写真家36人展」招待出品。
1991年 (財)JCIIフォトサロン開館記念「日本の写真家100人展」招待出品。
(その他の招待展など出品多数)

【著書その他】
「一灯で美人を創るストロボ・テクニック」(朝日ソノラマ刊)ほか写真専門誌に風景写真、人物写真を主にした著述多数。
1991年7月、風景写真集「四季彩感」?全国図書館協会、全国学校図書館協会推薦図書ー(東方出版刊)を発刊。
1994年1月「風景写真」1月号に28ページにわたり風景作品特集。
1995年5月「ストロボ撮影の総て」発行(日本写真企画)。

【主な賞暦】
☆毎日広告賞奨励賞  ☆雑誌色彩広告賞金賞  ☆サンケイ広告企画賞金賞 
☆読者が選んだ雑誌広告賞金賞  ☆全国カレンダー展通産省局長賞
☆全国カレンダー展印刷時報社賞  ☆ 同 日本印刷工業会長賞
(その他、各種写真展に入賞・入選多数)

  

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。