profile

BAKU斉藤

(バク サイトウ)

経歴

  • 1948年日本・新潟市生れ。1980年にフリー写真家になり作品活動に入る。

    (社)日本写真家協会・(社)日本写真協会/会員。

    1994年?2005年JSAミッションアンコール遺跡調査隊や他のミッションに参加、
    アンコール遺跡群の尊顔を撮りはじめる。
    同時に、創設したCulture Motion "APPASSIONATO" (C.M.A.)で世界遺産を現代
    の目で再構成し文化再生を!
    カンボジア王国政府より「サハメトライ・トッパデット級勲章」を受章。2006年1月


展覧会、出版物のご紹介

『BEYOND THE DIMENS1ON』・DREAM−1 シンクロニシティースペース(NY)1992年
               ・DREAM−2 プーチョンギャラリー(NY)1992年
               ・DREAM−3 N.Y.A.D.C.(NY)1992年
『The Simulated Dimension』コダックフォトサロン(東京)1993年
『BEYOND THE DIMENS1ON』パ−ト2 
 洋上エキジビション&スライドレクチャー クイーンエリザベスII世号(横浜→ハワイ)1993年

BOEP.Vol.1『欧州情景94』富士フォトサロン(東京)1994年
朝日新聞社企画展『アンコールの顔を撮る』朝日ギャラリー(東京有楽町マリオン)1997年
UNESCO-JSAパリ展『アンコールの神々?BAYON』UNESCO本部(パリ)1999年
写真展『BAYON : The Faces of the Towers』新津美術館(新潟)1999年
エマルジョンアート展『アンコールのモナリザ』三越銀座店8F美術ギャラリー(東京)2001年
BAYON Vol.2『アンコールのモナリザ』ペンタックスフォーラムギャラリー(東京)2002年
世界文化遺産 写真展『アンコールと生きる』東京都写真美術館(東京)2005年
『幻都バンティアイ・チュマールの神々』キヤノンギャラリー(全国6カ所)2006年
世界文化遺産『アンコール遺跡の尊顔』日本展 大丸ミュウジアム東京(東京)2006年
世界文化遺産『アンコール遺跡の尊顔』調布市文化会館たづくり1階展示室(東京)2007年
世界文化遺産写真展『アンコール・千年の顔』POSCO Art Museum(ソウル)2008年
世界文化遺産『アンコール遺跡の尊顔』プノンペン大学・CJCC(プノンペン)2008年を含め多数開催。


【合同展】
『日中交流即興写真展・日中交流20周年』青浦県博物館・静安区文化会館(中国上海)1992年
国連合同写真展世界文化遺産『アンコール遺跡の尊顔』国連本部(ニューヨーク)2006年
The Bayon『迫真のアンコール遺跡・尊顔とバイヨン寺院展』九州国立博物館(福岡太宰府)2007年


【写真集】
“BAKU ONE-MANS IMAGINATION” として紹介。(NY GRAPHIS誌)1992年
『アンコールの神々?BAYON』(小学館)1997年
JSA資料集『BAYON: The Faces of the Towers』(UNESCO出版局)1999年
『アンコールのモナリザたち』(草の根出版会)2002年
世界文化遺産 写真集『アンコールと生きる』(朝日新聞社)2005年
『幻都バンティアイ・チュマールの神々』(梧桐書院)2005年

  

メッセージ

【撮影地紹介】

◎賢者王・ジャヤヴァルマン7世(1181年?1218年?)(6.作品)
 碑文学者ジョルジュ・セデスによると「7世王は、インドシナの大部分の国々を併合して王朝の国土を最大にまで拡張し、国土を建築郡で覆い尽くした、カンボジアの歴史上最も偉大な帝王である」と語られ、クメール王朝の絶頂期を造り出した。  
 アンコ−ル・トムをはじめ多くの仏教寺院を建立し、バイヨン寺院を起点としてアユタヤやチャンパなどの支配地に向けた王道を建設した。沿道には、121箇所の宿泊施設と102箇所の施療施設やそれに伴う寺院などが建設された。
 7世王は、カースト制度を解体し、施療施設で階級の区別なく治療に当たらせたことや教育にも熱心で多くの僧院を建設したことから賢者王とも呼ばれた。また、大乗仏教徒であったが、他の宗教にも寛容であった。こうした慈悲のための建設を続けることで、国民から慕われたが、彼の死後は回復不能な疲弊状態に陥り、国力が急速に衰退していった。彼の業績はカンボジア人にとっての誇りであり、カンボジア復興の原動力となっている。

◎アンコール・ワット (2~5.作品)
 12C初め、スールヤヴァルマン2世が建立したヒンドウ-教で、これまでのクメール建築の粋を極めた集大成とも言われアンコール遺跡群中、最大の建造物である。建築様式は、西に正門を構え、中央塔は、高さ65mのトウモロコシ状の形体で4塔の副塔を持つ。五つの大海を模した環濠(幅200m、一辺が1.5km)に囲まれ、光と影の効果を取り込み、朝日を背にした本堂のシルエットは、正に理想郷「須弥山」をイメージしたとされる。15世紀半アユタヤ王朝に滅亡されるが寺院の機能を残し、当時の日本人には、インドの祇園精舎と理解され祖先の供養に通った記録が、今も残っている。

◎アンコール・トム (7~9.作品)
 クメール語でトムとは大きい、アンコールは都市または城塞を意味し王朝の首都であった。12世紀半、ベトナムのチャンパ王国に攻め込まれ5年間ほど占領されるが、ジャヤヴァルマン7世が奪回しチャンパ王国を滅亡させた。その教訓からかアンコール・トムは、一辺3kmの城壁を8mの高さに石積みにした。出入り口は、5箇所の東西南北に顔面像を彫刻した高さ25mの楼門を造り、夕刻には閉門した。この作品の門は、死者を送り出すために使用した東大門である。トム内部は、バイヨン寺院をはじめ王宮や広場を配し、それぞれの楼門を起点に他の領土に向かって王道を建設した。
 13C初頭、この王城に1年間滞在した中国(元)特使「周達観」が、書き残した世界で唯一の見聞録「真蝋風土記」に生活模様が詳細に語られている。

◎バイヨン寺院 (10~24.作品)
 バイヨン寺院は、12C後半から13C前半にジャヤヴァルマン7世によって建造された。前後の時代には存在しなかった尊顔が、突然変異のごとく現れ、東西南北に彫刻された顔面塔51塔が三層のピラミッド状に組み合わされた建造物である。この建築様式は、世界でカンボジアにしかない。古代クメール語では、高貴なとも玉座とも意味しアンコール王朝で最高な神々が宿るである。
 アンコール・ワットは、当時のクメール建築最高技術の集大成として建設されたが、方やバイヨンは、アンコール・ワットが建造されてから100年後に建造されているにも関わらず、技術的に劣ると言われている。しかし、尊顔の装飾や芸術性の高さからアンコール王朝最高の芸術的なモニュメントとして、欧米から評価されている。

◎タ・プロム (25~27.作品)
 タ・プロ−ム(12世紀末)は、アンコ−ル・トムの東に在り、遺跡に絡む榕樹の様子が、まさに生きた幻想を誘うようであり人気の高い遺跡の一つである。プリア・カンと並ぶ程の広大な境内で、7世王が母親の為に造営した霊廟で僧院として使われた。

◎バンティアイ・スレイ (30.作品)
 「女の砦」を意味するバンティアイ・スレィ(967年)は、ラジェンドラヴァルマン2世が王妃の為に建てられたヒンズ−教寺院でアンコール・トムから25Km離れた王道上に位置している。森の中にひっそりと佇み伽藍全体が赤色砂岩で造られ緻密な肉深レリーフで覆い尽くされている。
 フランスの小説家アンドレ・マルローが書いた小説『王道』に語られているが、彼が、二十歳代のころ、夫人と一緒に東洋のモナリザと呼ばれた女神像を盗掘した。この話は、流麗な女神とともにこの美しさは余りにも有名である。


【展覧会の目的と背景】

 これらの作品は、2006年6月~8月に開催された国連合同写真展世界文化遺産『アンコール遺跡の尊顔』から巡回し2008年4月のソウル展開催後、展示最終地カンボジアに於いて5月プノンペン展を開催した。その後、カンボジア王国政府文化芸術省プノンペン国立博物館に収蔵された作品群である。

 このテーマの展覧会は、カンボジアが国連加盟後50年を経て初めての文化紹介事業であった。1999年UNESCO本部展以来、念願のNY国連本部展が開催された。国連PKOの関わりで唯一の成功例であるが、これまで悲劇の国カンボジアと負の遺産として紹介されることが多く有った。
本来、京都奈良をも凌ぐインドシナ最大の文化文明を創造した国であった。その事実をUNESCOプロジェクトとして、世界文化遺産「アンコール遺跡群」を緊急に復興を要する危機リストに加えフランス、日本を始め世界30を越える国々がアジア文化再生の協力を果たしてきた役割が、王国誕生後の安定した復興の原動力に活かされてきた。

 その現状を単なる記録としてのみならず写真表現を通して、世界でクメール文化の極致・尊顔を映像紹介することで、カンボジア国民のアイデンティテーを触発し目覚めを促すことを目的とした。
 この事業を成功裡に導けた背景にには、15年に渡る活動を支えていただいた関係諸氏の深い愛情とご鞭撻、多くの関係会社・団体等のご支援ご協力がいただけてことで、写真家として実行できました。ありがとうございました。

                                      写真家BAKU斉藤

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。