profile

Bob Willoughby/PPS通信社

(ボブ・ウィロビー)

経歴

  • 1927年、米国ロサンゼルス生まれ。
     

  • 南カリフォルニア大学カン美術映像研究所にてハリウッド隆盛期の名画のタイトル・バックを数多く手懸けたデザイナー、ソール・バスにデザインを師事。
     

  • その後、フリー写真家として世界を舞台に活躍。映画スターやジャズ・ミュージシャンをはじめとするセレブリティたちの写真で名声を博す。
     

  • その作品は、『ライフ』『ルック』『ヴォーグ』『ハーパース・バザー』など著名雑誌を毎号のように飾り、50年代から70年代初頭までの20年間、彼の作品がアメリカの雑誌に掲載されない週は無いほどだったという。
     

  • 彼のレンズがその表情を生き生きと捉えたスターたちは、オードリー・ヘップバーンはもちろん、マリリン・モンローエリザベス・テイラー、グレース・ケリー、ソフィア・ローレン、ジェームズ・ディーン、ジョン・ウェイン、ハンフリー・ボガート、マーロン・ブランド、フランク・シナトラ、エルヴィス・プレスリーなど枚挙にいとまがない。
     

  • ハリウッドを中心に100本以上の映画を取材。同行取材した主な映画は、『地上より永遠に』『スタア誕生』『カンカン』『卒業』『ローズマリーの赤ちゃん』など多数。
     

  • 数々の著名美術館やギャラリーでも作品が展示、収蔵されており、1955年にニューヨーク近代美術館で開催された写真史に残る展覧会『ファミリー・オブ・マン』展にも出品。
     

  • ロンドン・ナショナル・ポートレイト・ギャラリーをはじめ、ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、パリの国立図書館、ワシントンDCのナショナル・ポートレイト・ギャラリー等にその作品が収蔵されている。
     

  • 受賞歴も多く、1998年にはアカデミー賞を授与するアメリカの団体「映画芸術科学アカデミー(AMPAS)」よりその功績を称える賞を受賞しハリウッドで大回顧展を開催。
     

  • 2004年には国際写真賞(Lucie Award)映画スチル写真部門の功労賞を受賞。
     

  • 現在は妻のドロシーとともに南フランスのヴァンス在住。
     

展覧会、出版物のご紹介

【主な写真集】
『The Platinum Years』 (1974) 『Jazz in LA』 (1990) 『The Hollywood Special』 (1993, 日本版『ハリウッド・スペシャル』は宝島社より刊行/現在絶版) 『オードリー・ヘップバーン ボブ・ウィロビー写真集』 (1993, 朝日新聞社/現在絶版) 『Hollywood : A Journey Through The Stars』 (2001, 自伝写真集) 『Audrey : An Intimate Collection』 (2002, 日本版『オードリー』は東京書籍より刊行) 『Sinatra : An Intimate Collection』 (2002) 『ヘプバーン写真集 世にも素敵なオードリー王国』 (2003, 共著/講談社プラスアルファ文庫) 『The Star Makers: On Set With Hollywood’s Greatest Directors』 (2003) 『Liz : An Intimate Collection: Photographs of Elizabeth Taylor』 (2004) 『REMEMBERING AUDREY?15 YEARS LATER』 (2007, LIFE Great Photographers Series/TIME Inc.)

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。