profile

秋山 庄太郎

(アキヤマ ショウタロウ)

経歴

  • 1920年

    東京に生まれる。

  • 1946年

    銀座に稲村隆正らと秋山写真工房を開設する。

  • 1947年

    写真工房を解散し、近代映画社写真部に入社。
    写真集団「銀龍社」を結成。

  • 1950年

    日本写真家協会(JPS)創立会員となる。

  • 1951年

    近代映画社写真部を退社しフリーとなる。

  • 1952年

    二科会写真部創立会員となる。

  • 1958年

    日本広告写真家協会(APA)創立会員となる。

  • 1961年

    第一回日本広告写真家協会展 東京ADC賞受賞。

  • 1971年

    日本広告写真家協会会長に就任。
    日本写真協会常務理事に就任。

  • 1972年

    日本写真家協会監事に就任。

  • 1973年

    講談社出版文化賞受賞。

  • 1979年

    日本広告写真家協会会長を辞任、名誉会長となる。
    日本写真専門学院長に就任。全日本写 真連盟理事に就任。

  • 1980年

    「花の会」を結成、会長に就任。

  • 1982年

    日本写真芸術専門学校校長に就任。

  • 1986年

    紫綬褒章受章。

  • 1990年

    日本写真家協会名誉会長となる。

  • 1994年

    全日本写真連盟副会長に就任。

  • 1997年

    日本写真協会副会長に就任。

  • 2003年

    永眠。享年82歳。

展覧会、出版物のご紹介

【写真集】
1943年 「翳」処女作品集(自費出版)
1952年 「美貌と裸婦」(双藝社)
1960年 「おんな、おとこ、ヨーロッパ」(文藝春秋)
1970年 「花・女」(主婦と生活社)
1974年 「蝸牛の軌跡」(日本カメラ社)
    「薔薇」(主婦と生活者)
1976年 「おんな」(美術出版社)
1978年 「作家の風貌159人」(美術出版社)
1979年 「春夏秋冬」(集英社)
1980年 「画家の風貌と素描」(月刊美術社・)
1981年 「美女100人」(日本写真企画)
    「遠近の彩」(朝日ソノラマ)
1982年 「昭和写真全仕事」シリーズ(朝日新聞社)
    「四季折々・花屏風」(日本カメラ社)
1983年 「四方の花・花宴」(日本芸術出版社)
1984年 「日々是好日」(日本写真企画)
1985年 「一隅の四季」(日本芸術出版社)
1987年 「花舞台」(日本芸術出版社)
1988年 「花・おんなの遠近」「花の狼」「花妖」(BeeBooks)
    「花宇宙」(日本芸術出版社)
1989年 「花273」(日本カメラ社)
    「昭和の美女」(朝日新聞社)
1990年 「花の大歳時記」(角川書店)
1992年 「ダリア・天竺牡丹」(BeeBooks)
1993年 「花逍遙-366日」(日本芸術出版社)
1994年 「和洋花譜-365日」(婦人画報社)
1995年 「遊写三昧花-365日」(講談社)
    「カメラひとつで飛びだして」(文藝春秋)
1996年 「花と女」(コスミック・インターナショナル)
1997年 「薔薇よ!-Rose365」(集英社)
    「女優の肖像」(新潮社)
1998年 「花歌墨」(日本経済新聞社)
など他 多数。

【写真展】
1951年 林忠彦と「二人展」(東京銀座・松島ギャラリー)
1952年 「個展-秋山庄太郎写真展」(東京銀座・松島ギャラリー)
1957年 「六人展-秋山庄太郎、岩宮武二、植田正治、林忠彦、堀内初太郎、緑川洋一」(東京・富士フォトサロン)
1958年 個展「女性百態」(東京・富士フォトサロン)
1959年 個展「秋山庄太郎写真展」(東京・富士フォトサロン)
1960年 「二人展」(秋山青磁と共催。東京・小西六フォトギャラリー)
1966年 個展「秋山庄太郎写真展」(東京・富士フォトサロン)
1969年 「三人展-美しい人」(中村正也、岩宮武二と共催。東京・ペンタックスギャラリー)
1979年 個展「私の仕事・私の写真2」(東京・富士フォトサロン)
    個展「女・花・風景・アンフォメル」(東京・キャノンサロン)
1980年 「二人展-還暦にちなんで」(山城隆一と共催。東京・和光画廊)
1991年 「往時茫々 秋山庄太郎写真展」(横浜市主催・横浜市民ギャラリー)
1998年 「回顧展」(徳山市美術博物館)
    「花365日」(新津市美術館)
その他 多数。

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。