profile

庄司 博彦

(ショウジ ヒロヒコ)

経歴

  • 静岡県生まれ。日本大学卒業。公益社団法人 日本写真家協会会員。フォトジャーナリスト。
    非営利活動「ワールドチルドレン・フォトプロジェクト」代表。


    著書に『写ルンですで撮った平和』(毎日新聞社)
    『SOUVENIR OF CHINA』(Bee Books)など。写真展多数。


    新聞・雑誌の執筆、取材活動のかたわら「写真は世界の共通語」をモットーに世界各地の学校を訪問して、子ども達と平和をテーマに写真教室を開催し、その作品を発表。相互理解を深め文化交流を図る非営利活動事業を展開中。文化庁「学校への芸術家派遣事業」の一環として国内の学校でも写真教室を開催。現在、講演会・イベントプロデューサーとしても活躍中。



      

メッセージ

五輪をきっかけに、市場経済が発展し、市民が社会の主人公として成長し始めてきた。都市生活を謳歌する人達がいる一方、豊かさから取り残された人々の間でも、生活レベルの向上や、強い健康意識が生まれてきた。

  

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。