profile

大西 成明

(オオニシ ナルアキ)

経歴

  • 1952年奈良県生まれ。
    早稲田大学第一文学部社会学科卒業。
    学生時代より実験映画を作り始める。

  • 1978年より、工作舍でオブジェマガジン『遊』の編集スタッフとなり、同時に写真を始める。
    83年よりフリー。

  • 92年、動物の細部を独特の視点でとらえた写真集『象の耳』(ニッコールクラブ)により、日本写真協会新人賞を受賞。
    97年には、『地球生物会議』のポスターで、ニューヨークADC金賞を受賞。
    99年から2000年にかけて、写真週刊誌「フライデー」で、『病院の時代?バラッド・オブ・ホスピタル』を連載。「人」と「病」と「医療空間」が織りなす「生命の物語」を、日本全国の病院を訪ね撮影した。
    そのシリーズにより、2000年講談社出版文化賞を受賞。
    また、2001年にはTBS主催の「鑑真和上と世界の写真家展」に参加。
    世界7ヵ国の写真家とともに“天平の美”を撮り下ろした。
    美術、歴史関係の写真著作は他に、『利休・破調の悲劇』(90年・講談社)、『美神の邂逅』(2002年・里文出版)などがある。

  • また、2004年には、19年にわたり撮り続けてきた『日本の川100』(ピエ・ブックス)、世界で一番美しい脳の写真集『ひよめき』(ビエ・ブックス)が、2007年には『ザ・モンキー』(誠文堂新光社・共著)、2008年には『ホネホネたんけんたい』(アリス館・共著)、『ロマンティック・リハビリテーション』(ランダムハウス講談社)が出版された。

      

メッセージ

『ロマンティック・リハビリテーション』
リハビリテーションを、苦しい訓練としてだけではなく、再生への契機として捉えられないだろうか。
「夢みる力」が切り開く、「ロマンティック・リハビリテーション」の可能性を問いかけてみたい。

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。