profile

蜂須賀 秀紀

(ハチスガ ヒデキ)

経歴

  • 1961年

    河合楽器入社

  • 1974年

    河合楽器退社

  • 1982年

    プロに転向、以降、カメラメーカーの撮影会、写真教室の講師を数多く務める。

  • 日本フォトコンテスト誌・月例審査員(1995年まで)

  • 1996年

    日本カメラ誌・月例審査員

  • 1999年

    NHK浜松写真講座講師

  • 2001年

    NHK名古屋写真講座講師

  • 2002年

    キヤノンサークル誌・モノクロの部審査員

展覧会、出版物のご紹介

【写真展】                                               
1977年 写真展「動物たち」富士フォトサロン(東京、大阪)
1986年 写真展「旅のスケッチ・パリ」コンタックスサロン(東京)
1988年 写真展「動物写真館」ギャルリ玄(東京)
1988年 写真展「旅のスケッチ」コンタックスサロン(東京)
1990年 写真展「動物写真館」コニカフォトギャラリー(東京、大阪)      

【写真集】
1987年 写真集「旅のスケッチ」日本写真企画発行
1991年 写真集「動物たち」フォト企画BM発行
1995年 写真集「旅のスケッチ・光音彩譜」日本写真企画発行

●日本フォトコンテスト誌、日本カメラ誌などカメラ雑誌に執筆中
●初心者向けにカセットテープによる作品指導を行っている
二科会写真部会員・サークルBEE主宰・日本写真作家協会会員・日本写真協会会員

メッセージ

私の指導するカメラクラブのモデル撮影会が浜松の公園で行われました。
モデルは素人モデルの外人さんと言う事で楽しみに出かけました。
予想通りの美人モデルであり指導を忘れシャッターを押し続けた事が記憶に残っています。
その後、無理にお願いして私の専属モデル?として毎月1回7年間写し続けました。
私の写真的理想の女性像は「暗く、淋しく、美しく」ですがカメラの前のダニエラさんは私の求めていた最高のモデルさんでした。
撮影地は数回横浜に出かけた以外、全て浜松、豊橋、名古屋周辺です。
撮影テクニックとしてソフトレンズによるボケ効果又はガラス越しを利用したりして私のイメージ作品に仕上げました。
当然色彩が大切なのでタングステンフイルムなども使っています。
今回フレームマンさんのご好意により展示出来た事、大変嬉しく思っています。

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。