profile

林 忠彦

(ハヤシ タダヒコ)

経歴

  • 1918年

    山口県徳山市にある写真館の長男として生まれる。

  • 1937年

    オリエンタル写真学校入学。卒業後家業を手伝う。

  • 1940年

    内閣情報部の宣伝誌「写真週報」にルポを発表。

  • 1942年

    〜45年 華北広報写真家協会を結成、北京へ渡り、現地で終戦を迎える。

  • 1946年

    引揚げ。カストリ雑誌ブームで、作品多数発表。

  • 1948年

    「小説新潮」の文士シリーズで注目される。

  • 1953年

    二科会写真部を創設。

  • 1964年

    「カラー日本百景」(淡交新社)刊。

  • 1971年

    「日本の作家109人」(主婦と生活社)刊。
    日本写真協会年度賞受賞。

  • 1972年

    二科展「織田広喜」で内閣総理大臣賞受賞。

  • 1977年

    「日本の画家108人」(美術出版社)。

  • 1979年

    毎日芸術賞および日本写真協会年度賞受賞。

  • 1980年

    「カストリ時代」(朝日ソノラマ)刊。

  • 1983年

    「日本の家元」(集英社)刊。紫綬褒章受章。

  • 1986年

    「茶室」(婦人画報社)、「文士の時代」(朝日新聞社)刊。

  • 1988年

    勲四等旭日小綬章受章。日本写真協会功労賞受賞。
    「林忠彦五十年写真総集展」東京展開催。以後、地方を巡回。

  • 1990年

    「林忠彦写真集 東海道」(集英社)刊。
    十二月十八日、肝臓癌のため逝去。享年七十二歳。

  • 1991年

    「林忠彦賞」(周南市・周南市文化振興財団主催)創設。

  • 1995年

    周南市美術博物館に「林忠彦記念室」開設。

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。