profile

菊池 哲男

(キクチ テツオ)

経歴

  • 1961年

    東京都出身。

  • 1974年

    アサヒペンタックスK2を購入。写真の世界へ。

  • 1981年

    山岳写真へ傾倒。

  • 1997年

    北アルプス唐松岳頂上山荘のオリジナルポストカードを製作。夏には初の個展を同山荘で開催。

  • 1999年

    初の写真集 北アルプス白馬岳・唐松岳の四季『美しき山稜』(アドミックス)出版。

  • 2001年

    山岳専門誌の老舗。月刊誌『山と溪谷』の表紙撮影を1年間担当し、全て撮り下ろし。テーマはかっこいいガイド。山岳ガイドを生業とする若手中心で構成し、雪山からネイチャースキー、山岳スキー、フリークライミングにアルパインクライミング、アイスクライミングなど登山の様々な形態にて撮影を行う。

  • 2004年

    ニコンフォトコンサルタントに就任。ニコン塾をはじめ、ニコンヤマケイ写真塾、ニコン旅写真写真塾などの講師を務める。

  • 2005年

    6月、写真集『白馬 SHIROUMA』(山と渓谷社)出版。10年以上にわたり撮りためてきた珠玉の作品を一挙掲載。同名の写真展を東京・池袋サンシャインシティで開催し、3日間で3万人が来場する。7月には白馬五竜エスカルプラザにて開催。

  • 2006年

    4月?5月 大町市立山岳博物館で写真展『白馬』を開催。長野県白馬村の夏イベント「花三昧」ポスターに作品が採用。JR東日本のポスターにも採用され、山手線各駅に貼られる。

  • 2007年

    1月?2月、東京都写真美術館主催、日本の新進作家展『地球(ほし)の旅人』の3人に選出され、約40点を出展。6月?8月には長野県松本市美術館にて同展が巡回。
    9月長野県白馬村和田野地区に「菊池哲男山岳フォトアートギャラリー」がオープン。1m前後のパネル40点弱が常設展示されている。

  • 2008年 10月18日から六本木の東京ミッドタウン・富士フィルムフォトサロン?で写真展を開催。その後、大阪、名古屋へ巡回。これに合わせて小学館から写真集を出版予定。

      

展覧会、出版物のご紹介

●2007年9月長野県白馬村和田野地区に「菊池哲男山岳フォトアートギャラリー」がオープン。
1m前後のパネル40点弱が常設展示されている。
開館時間:9時?17時(4月から11月) 10時?16時(12月?3月) 休館日:水曜日

●2008年10月18日から六本木の東京ミッドタウン・富士フィルムフォトサロン?で写真展を開催。その後、大阪、名古屋へ巡回。これに合わせて小学館から写真集を出版予定。

●菊池哲男ホームページ:http://www.t-kikuchi.com/

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。