profile

南川 三治郎

(ミナミカワ サンジロウ)

経歴

  • 1945年三重県生れ。東京写真大学(現・東京工芸大学)卒業後、大宅壮一東京マスコミ塾・第一期出塾。パリを拠点にヨーロッパの"人と文化"に焦点を当て取材活動をするフォトグラフィック・ライター。
     

  •  代表作に『アトリエの巨匠・100人』(新潮社)、『推理作家の発想工房』(文藝春秋)、『イコンの道』、『ヴェルサイユ宮殿』(黙出版)があり、最新刊に『欧州陶磁紀行』、『欧州硝子紀行』(世界文化社)、『日・欧巡礼の道』Road of Sanctuary Kumano, カミーノ・デ・サンティアゴ(玉川大学出版部)などがある。ニューヨーク、ウイーンなど海外や日本で写真展多数。 
     

  •  現在はパリと東京を年に数回往復し、旺盛な取材活動を展開している。'80年日本写真協会新人賞受賞、'86年日本写真協会年度賞、'93年オーストリア政府観光局より名誉勲章ゴールド受賞、'96年コンフレリー・シュヴァリエ・ドゥ・タストヴァン就任。
      

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。