profile

天野 尚

(アマノ タカシ)

経歴

  • 1954年、新潟県西蒲原郡巻町(現・新潟市)に生まれる。1975年より、アフリカ諸国(ケニア、タンザニア、エチオピア、エジプト)、インド、南西諸島などを訪れ、生態写真やエッセイを専門誌に発表。以来、世界三大熱帯雨林(アマゾン・ボルネオ・西アフリカ)において、「原初の風景」をテーマに大判カメラでの撮影に取り組んできた。16年前から、佐渡の自然を撮り続けている。
    1992年、佐渡島で撮影した水中写真「鬼踊り」が、富士フイルム・ネイチャーフォトコンテストでグランプリを受賞。他受賞歴多数。

    近年は、豊富な自然体験をもとにした講演活動を、日本国内はもとより、ドイツ、イタリア、ポルトガル、ポーランド、ロシア、アメリカなど世界各国で行っている。


  • 写真家、天野 尚の写真ギャラリー、最新情報は ホームページ

展覧会、出版物のご紹介

【写真展】
1998年 『雨林有情』 富士フォトサロン(東京)
2004年 『誰も知らないアマゾン』 新潟市新津美術館
    『The Rio Negro』 発電所美術館(富山)
2006年 『The Rio Negro』 丸の内さえずり館(東京)
    『創造の原点 アマゾン』 朱鷺メッセ
    『空撮・アマゾン』 新潟大和
2007年 『佐渡?海底から原始の森へ』 東京都写真美術館
    『誰も知らない佐渡 海底から原始の森へ』 新潟県民会館
    『誰も知らない佐渡写真展』 アミューズメント佐渡

【写真集】
1992年 『ガラスの中の大自然』(マリン企画)
1994年 『水?自然への回帰』(同)
2004年 『The Rio Negro』(同)
2007年 『佐渡?海底から原始の森へ』(ADA)

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。