profile

清水 哲朗

(シミズ テツロウ)

経歴

  • 1975年横浜生まれ。
    1995年日本写真芸術専門学校卒業後、写真家・竹内敏信事務所入社。3年間助手を務める。
    1998年フリーランスとして独立、現在に至る。モンゴルの大自然に魅了され、年に数回は現地に滞在しながら撮影をしている。また、都市部に住む低所得・貧困層の生活も精力的に取材し、2005年『路上少年』で第1回名取洋之助写真賞受賞。

    日本国内では『都会に暮らす動物の生命力』をテーマに東京のカラスやネズミを追っている。その活動は多岐に渡り、作品発表の他、執筆、写真教室講師、フォトコンテスト審査など多数手掛けている。
    2007年4,5月はNHK教育テレビ『趣味悠々』デジタル一眼レフ風景撮影術入門講師として出演。

    (社)日本写真家協会会員

      

展覧会、出版物のご紹介

【個展】
2002「アークガーデン写真展」(赤坂アーク森ビル)
2003「アークガーデン写真展(〜At the Garden〜)」(赤坂アーク森ビル)
2004「蒙古放浪」(富士フォトサロン東京)
2004「night rainbow」with Mr.Junji Takasago (渋谷spuma)
2005「蒙古放浪」(朝日新聞社本社2Fロビー)
2005「7Nights」(2005年新宿・コニカミノルタフォトスクェアー)
2006「第1回名取洋之助写真賞受賞作品展」(富士フォトサロン東京、大阪ほか)
2007「ひだまり」(富士フォトギャラリー五反田)
2007「ひだまりver.1.02」(フォトエントランス日比谷)
2007「草原のいぬ」(Deco's Dog Cafe“田園茶房”)
2007「トウキョウカラス」(渋谷spuma)
2008「カフェいぬ」(Deco's Dog Cafe“田園茶房”)
2008「BORDER〜中国・国境線を行く〜」(オリンパスフォトサロン東京。4月開催予定)
ほか、企画展出展多数

【著書】
「モンゴリアンチョップ」(NNA刊)
「デジタル一眼レフ写真術」(MCプレス刊)

【受賞】
1997 『トウキョウカラス』  JPS展 優秀賞 
1998 『トウキョウカラス』  JPS展 銅賞
1999 『コンクリートマウス』 JPS展 入選
2005 『路上少年』 第1回 名取洋之助写真賞

【グループ活動】
写真家+αによる共同プロジェクト 『kwenda(クウェンダ)』 http://kwenda.com
「デジ侍」

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。