profile

高野 潤

(タカノ ジュン Takano Jun)

経歴

  • 1947年新潟県生まれ。写真家。
    写真学校卒業後、1973年からペル—やボリビア、アルゼンチン、エクアドル、コロンビア、チリなどを歩き、アンデスやアマゾン地方の自然、人間、遺跡などを撮り続ける。


  • 主な作品集や著書として、「世界の聖域18=神々のアンデス」(講談社)、「アンデスの貌」(教育社)、
    「アンデス大地」(山と渓谷社、同書はフランス、イタリア、スイスにて各国語出版)、「インカ」
    「どこまでも広く」「マドレの森」(以上、情報センター出版局)、「アンデス」(集英社)、「風のアンデスへ」(学習研究社)、「アンデス家族」「カランバ!アマゾン奥地に向かう」(以上、理論社)、「アンデスの抱擁」「新書版=アンデス 食の旅」「アマゾン源流生活」(以上、平凡社)、「インカの野生蘭」(新潮社)、「新書カラー版=インカを歩く」「ジュニア新書版=大地と人を撮る」(以上、岩波書店)、日本の自然として「雨の日」(小学館)、「山の雨」(岩波書店)がある。

展覧会、出版物のご紹介

【主な展覧会】
「雨の日」有楽町マリオン・阪急コミニュティープラザ
「アンデスの広い風=ワイラ」ペンタックス・フォーラム
「天空のインカ」キャノンSギャラリー

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。