profile

大石 芳野

(オオイシ ヨシノ)

経歴

  • 東京生れ 日本大学芸術学部写真学科卒業
    日本写真家協会会員 日本文化人類学会会員 日本ペンクラブ会員 他

展覧会、出版物のご紹介

【主な著作】
1976年 「愛しのニューギニア」(学習研究社)
1980年 「女の国になったカンボジア」(潮出版社、のち講談社文庫)
1981年 「無告の民・カンボジアの証言」(岩波書店)
1981年 「パプア人・いま石器時代に生きる」(平凡社)
1983年 「ワニの民・メラネシア芸術の人びと」(冬樹社)
1983年 「少年パパニー」(弥生書房)
1984年 「隠岐の国」(くもん出版)
1984年 「証言する民」(講談社)(現行タイトルは「闘った人びと・ベトナム戦争を過ぎて」)
1985年 「ベトナムは、いま」(講談社)
1986年 「沖縄に活きる」(用美社)
1988年 「夜と霧をこえて」(日本放送出版協会)
1988年 「夜と霧は今(Night and fog ...survivors of concentration camps)」(用美社)
1991年 「ソビエト遍歴」(日本放送出版協会)
1991年 「悲しみのソビエト」(講談社)
1992年 「あの日、ベトナムに枯葉剤がふった」(くもん出版)
1993年 「カメラを肩に見た世界」(旬報社)
1993年 「カンボジア苦界転生」(講談社)
1995年 「HIROSHIMA 半世紀の肖像?やすらぎを求める日々」(角川書店)
1997年 「小さな草に」 (朝日新聞社)
1997年 「沖縄 若夏の記憶」(岩波書店)
1997年 「活気あふれて 長い戦争のあと」(草土文化)
1998年 「生命の木?アジアの人びとと自然」(草土文化)」
2000年 「ベトナム 凜(りん)と」(講談社)
2002年 「コソボ破壊の果てに」(講談社)
2003年 「アフガニスタン 戦禍を生きぬく」(藤原書店)
2004年 「コソボ絶望の淵から明日へ」(岩波書店)
2005年 「子ども 戦世のなかで」(藤原書店)
2007年 「魂との出会い」(対話 共著)(藤原書店)
2008年 「黒川能の里?庄内にいだかれて」(共著)(清流出版)

【受賞 】
1982年 日本写真協会年度賞 「無告の民・カンボジアの証言」にて
1989年 日本写真協会年度賞 「夜と霧は今」にて
1989年 写真150年顕彰
1990年 講談社出版文化賞
1990年 アジア・アフリカ賞
1994年 芸術選奨(文部大臣新人賞)、日本地名研究所(風土賞)、
      日本ジャーナリスト会議(奨励賞)?「カンボジア苦界転生」にて
1998年 児童福祉文化賞(大賞)?「活気あふれて 長い戦争のあと」にて
2001年 土門拳賞-「ベトナム凜(りん)と」にて
2006年 日本放送協会 放送文化賞
2007年 エーボン女性大賞 
       紫綬褒章


【写真展】
1971年 「少年パパニー」        
1981年 「無告の民・カンボジアの証言」           
1983年 「ワニの民」           
1988年 「夜と霧は今」          
1989年 「アジアに生きる女たち」    
1990年 「アジアに生きる」        
1992年 「People War New Life」      
1992年 「ルシアン」          
1993年 「カンボジア苦界転生」      
1995年 「ヒロシマ半世紀の肖像」    
1995年 「戦争と平和」         
1996年 「VIETNAM 1981?96」
1996年 「沖縄に活きる」
1997年 「小さな草に」
2000年 「コソボ 破壊の果てに」
2001年 「ベトナム凜(りん)と」
2002年 「コソボ 明日へ」
2002年 「ニューギニアの姿・かたち」
2003年 10月 「アフガニスタン 戦禍を生きぬく」
2004年 5月 「笑みアジアの子どもたち」
2004年 10月 「戦禍 子ども」
2006年 1月・4月 「子ども 戦世のなかで」
2007年 2月 「眼差しの向こうにあるもの」
2008年 2月 「黒川能の里?庄内にいだかれて」

作品


フレームマンProPhoto Gallery『アンビション』は営利活動を目的とせず、あくまでもご賛同いただいた作家様のご好意によって運営しております。作品に関してのお問い合わせには、弊社より作家様へお取り次ぎをさせていただきますが、その為のお手数料やマージンは一切いただきません。どうぞお気軽にお問い合わせください。